『Cドライブ』の空き容量を増やす方法!図で解説!もう容量不足に悩まない

Cドライブの空き容量を増やす方法

こんにちは!ゼロイチです(@0zero1ichi

7月でWindows10への無料アップグレードも終了し、

半強制的なアップグレード方法に、嫌気がさした方も多かったのではないでしょうか?

今では、無料だったWindows10

Homeが 19,008円

 Proが 27,864円

となっていますw

僕は、気付かないうちに、アップグレードされてましたけどねw

 

会社などでは、ソフトウェアがWindows10に対応できず、

使い勝手の良い、Windows7を現在もお使いのユーザーも多いですよね

そこで、今回はWindows7を使い続けていると起こる現象

 

『Cドライブの空き容量不足』

を解消する方法、すなわち

『Cドライブの空き容量を増やす方法』

を紹介していきたいと思います!

ゼロイチ
ちょっと長くなるから、休憩しながら読んでくだっせ

あと、作業する時は、スマホで見ながらやると楽だよ~♪

お忙しい方は、下記のメニューから飛んじゃって下さい!

『Cドライブ』の空き容量が少なくなると起こる現象

現在のWindowsのシステムは、御存知の通り『Cドライブ』をメインとしています。

各メーカーが出しているパソコンの多くは、

システム起動や保存領域などの『Cドライブ

保存領域として使用している、『Dドライブ

で構成されています。

なぜ、Cから始まるかは、ググって下さいw

なんて、嘘です。。

簡単に言えば、今では希少なフロッピーディスクが『A・Bドライブ』でしたね(*^^*)

37歳ですが、ギリギリ覚えていますw

1.44MBのフロッピー、懐かしいw

話が飛びましたが、

Cドライブ』の空き容量が少なくなると、

  • 保存ができなくなる
  • メールが受信できない
  • パソコン自体の動きが遅い
  • ネットの表示が遅い

などなど、とっても不都合なことばかりが起こります。

最悪の場合、起動しなくなってしまいます!!

空き容量が少なくなってくると、『Cドライブ』の表示が、警告の赤に変わります!

Cドライブの空き容量不足

あっぷあっぷですw

そうなってしまっては、仕事などにも影響がでてしまいますので、

早めの対策が必要です!

空き容量は、『Cドライブ』の30%としておくことをオススメします。

Cドライブ』の容量が100GBの場合、30GBは空き容量ということですね。

 

『Cドライブ』の空き容量を増やす前に確認しておくこと!↓必読!!

『Cドライブ』の空き容量を増やす為の情報は提供しますが、

◎必ず自己責任でお願いします!

『Dドライブ』をフォーマットするので、

◎『Dドライブ』のデータは、全て消えます!

ですので、違う場所に保存しておいてください!

Cドライブ』が消去される事はありませんが、

大切なファイルや思い出は、

念の為にバックアップしておいて下さいねw

 

今回、対象となるパソコン

Windowsユーザーであること(7と10ではできますよ)

Macユーザーの方はごめんなさいw

マイコンピュータ内に、『Cドライブ』と『Dドライブ』があって、

『Cドライブ』に分け与えるだけの空き容量が『Dドライブ』にあること

Cドライブ』だけしか無く、容量がいっぱいいっぱいな方は、

外付けハードディスクにデータを移動させるか、

買い換えて下さいw

Windows7のダウングレードバージョンも、まだまだ販売されていますので。

前置きが長くなりましたが、早速まいりましょう!

 

『Dドライブ』に制限がかかってないか確認する

『Dドライブ』をフォーマットする

Dドライブ』のデータを移し終わりバックアップが終了したら、『Dドライブ』をフォーマットします。

フォーマットとは、データを全て消し去るということです。

あとの作業はどうにでもできますので、

ココだけは、慎重にやりましょう!

マイコンピュータを開き、『Dドライブ』を右クリック!

フォーマットを選択します。

Dドライブを右クリック

Dドライブを右クリック

次に、『Dドライブ』のフォーマットを実行します。

Dドライブ』のデータは、

必ずバックアップしておいて下さい!

フォーマットは、クイックフォーマットにチェックを入れて、開始して下さい!

フォーマットの実行

フォーマットの実行

画像は、Windows10ですが、Windows7でも同じです。

『マイコンピュータ』→『Dドライブ』→『右クリック』

→『フォーマット』→『クイックフォーマット』→『開始』

 

『Dドライブ』でフォーマットができない時はここを見よう!

※フォーマットできた方は、飛ばして下さい(^o^)

何らかの理由で、フォーマットができない場合は、『Dドライブ』に何かしらの制約がかかっていることがあります。

その中でも、一番ありがちな、仮想メモリの解除方法を紹介します!

仮想メモリとは、パソコンのメモリだけでは処理できない場合に、ハードディスクの一部を、仮のメモリとして使用するということで、通常はCドライブに設定しているのですが、パソコンによっては、Dドライブに設定されているものもあります。

マイコンピュータを右クリックしたら、プロパティを選択します。

マイコンピュータのプロパティ

マイコンピュータのプロパティ

システムが表示されるので、左メニューの『システムの詳細設定』をクリックします!

システムの詳細設定をクリック

システムの詳細設定をクリック

次に、システムのプロパティが表示されるので、

詳細設定』タブ内にある、パフォーマンスの『設定』をクリックします。

詳細設定タブ

詳細設定タブ内にある、パフォーマンスの設定をクリック

すると、パフォーマンスオプションが表示されますので、

詳細設定』タブを選択し、仮想メモリ内の『変更』をクリックします。

パフォーマンスオプション

パフォーマンスオプションの仮想メモリの変更をクリック

仮想メモリ』の設定画面が表示されるので、

Dドライブ』を確認します。

右横に表示されている『システム管理』と表示されている場合、

システム管理』を『なしにしないといけません。

 

仮想メモリ

仮想メモリのDドライブ

仮想メモリの『システム管理』を『なし』にする設定

設定に関しては、簡単です!

  1. 仮想メモリ』の左上にある『チェックボタン』を外します
  2. Dドライブ』を選択します
  3. ページングファイルなし』にチェックします
仮想メモリのシステム管理を外す方法

仮想メモリのシステム管理をなしにする方法

Dドライブ』が『なし』になるので、

左上に『チェック』を入れなおして、『OK』をクリックします

再起動のメッセージ』が出るので、

再起動します。

仮想メモリを変更して再起動する

仮想メモリを変更して再起動する

再起動後は、『Dドライブ』を『右クリック』して、『フォーマット』します。

フォーマットの実行

フォーマットの実行

フォーマットができれば、準備完了です!

 

『Cドライブ』の空き容量を増やす方法!を詳しく解説

ディスクの管理画面へ移動する

まずは、『マイコンピュータ』を『右クリック』して、『管理』を選択します。

マイコンピューターを右クリック

マイコンピューターの管理を選択

左メニューにある、『記憶域』の『ディスクの管理』をクリックします

ディスクの管理をクリック

ディスクの管理をクリック

 

『Dドライブ』を消去して、未割り当てにする!

ディスクの管理』をクリックすると、少ししたらディスクの内容が表示されます。

ボリューム(D:)』を右クリックします

絶対にCドライブと間違えないで下さい!

ボリュームDを右クリック

ボリューム(D:)を右クリック

メニューの中の『ボリュームの削除』を選択します

ボリュームの削除を選択

ボリュームの削除を選択

ボリューム削除によるバックアップのメッセージが表示されますが、

フォーマットをしているので、『はい』を選択します

ボリュームの削除のメッセージ

ボリュームの削除のメッセージ

すると、ボリューム(D:)が『空き領域』となりました!

画像では、空き容量となっていますが、ご愛嬌w

ボリューム(D:)が空き容量化

空き領域ですねw間違いました

空き領域を右クリックし、『パーテーションの削除』を選択します。

また、空き容量と言ってますねw

パーテーションの削除

パーテーションの削除

ここでもメッセージが出てきますが、『はい』をクリックします。

パーテーションの削除メッセージ

パーテーションの削除メッセージ

すると、空き領域が未割り当てとなりましたw

空き容量・・・もう言いませんw

空き領域が未割り当てに

空き領域が未割り当てに

いよいよCドライブの設定です!

『未割り当て』の容量を『Cドライブ』にくっつける方法!

未割り当て』のデータ量を、『Cドライブ』に振り分けます。

Cドライブ』の『OS(C:)』を右クリックします。

OS(C:)を右クリック

OS(C:)を右クリック

メニューから『ボリュームの拡張』を選択します。

ボリュームの拡張

ボリュームの拡張

ボリュームの拡張ウィザードが起動しますので、『次へ』を選択します

ボリューム拡張ウィザード

ボリューム拡張ウィザード

ここでは、『ディスク領域(MB)』を変更します。

『Cドライブ』にくっつけたい容量だけ入力します。

ここで入力する数値は、2進数での数値です(^o^)

一般的に利用している数値は、10進数を利用しています。

なので、きりの良い数値で表示されていますよね。

でもパソコン内のデータ量は、基本的に2進数で表します。

10進数で1~5まで表示すると、

1、2、3、4、5ですが、

これを2進数で表示すると

1、10、11、100、101となります。

詳細は、こんどこそググって下さいw

例えば、『未割り当て』の100GB(10進数)を『Cドライブ』にくっつけたい場合は

1GB=1024MBですので、(2の10乗=1024)

なので、ここに入力する数値は102400MBとなり、この数値を入力します。

僕は、表示されたそのままの数値で『次へ』をクリックしました!

ディスク領域を指定します

ディスク領域を指定します

ということで、完了しました~(^o^)v

空き容量の完了!

空き容量の完了!

さっき、Cドライブに配分する容量をそのままにしてたので、

『未割り当て』部分が全部Cドライブにくっついてしまった!!!!!!!!!!

空き容量化失敗!!

空き容量化失敗?!!

このままでも良いっちゃ良いんですが。。

やばっ!って思ったあなた!

安心して下さい!!

Dドライブはめっちゃ簡単に

作れますよ!!!

ブリーフアイコン

空き容量のあるCドライブだけのパソコンでも有効ですので、ぜひw

ただし、自己責任でお願いしますね!

 

『Dドライブ』を作る方法

『Cドライブ』から未割り当て領域を作る方法

ディスクの管理画面から、作成された『OS(C:)Cドライブ』を右クリックして

ボリュームの縮小』を選択します。

ボリュームの縮小

ボリュームの縮小

容量の計算をしますので、しばらくお待ち下さい(^o^)

あまり長くなるようでしたら、一度再起動してみてください。

しばし待つw

時間で言えば数十秒から数分だと。

C:の縮小』が表示されたら、

縮小する領域のサイズを指定します!ここで間違えたらいけません!

『Dドライブ』にしたい容量を入力します

ここも、単位は『MB』です。

Dドライブ作成

Dドライブ作成

ここも、2進数での入力となりますので、

200GBの場合は、204800MBと入力して縮小をクリックします!

Dドライブを200GBにする

Dドライブを200GBにするため、204800MBと入力して縮小をクリックします

まぁぁ~!なんということでしょう!!w

こんなにも簡単に未割り当て領域ができてしまいます!

未割り当て領域の作成

未割り当て領域の完成

 

『未割り当て』領域を『Dドライブ』にする

未割り当て』領域を右クリックして、

新しいシンプルボリューム』を選択します。

未割り当て領域をボリューム化する

未割り当て領域をボリューム化する

新しいシンプルボリュームウィザードが表示されるので、

次のドライブ文字を割り当てる』の右を『D』にして

次へ』をクリックします。

ドライブの割り当て

ドライブの割り当てをDにする

次に『Dドライブ』をフォーマットします

このボリュームを次の設定でフォーマットする』にチェックをして、

その下にある『クイックフォーマットする』にもチェックを入れます。

Dドライブのフォーマット

Dドライブのフォーマット

新しいボリュームウィザードの完了

Dドライブ』が完成し、フォーマットもされますので、

完了』をクリックします。

フォーマットの完了

Dドライブの完了!

 

んまぁ~~!(アイスバーグさん風w)

見事に、200GBのDドライブが完成されました!

Dドライブの完成

Dドライブの完成

Dドライブ』の中は当然空の状態です。

エクスプローラーからも認識されています。

あとは、『Dドライブ』にバックアップでとっていたデータを移動させれば完成です!

Dドライブの中身を確認

Dドライブの中身を確認

仮想メモリの中で、『Dドライブ』が『システム管理』となっていたパソコンは、

元に戻しておいてくださいねw

仮想メモリ

仮想メモリ

以上、なが~くなりましたが、『Cドライブの空き容量を増やす方法』の説明を終わります。

 

まとめ

あっぷあっぷしている、『Cドライブの空き容量を増やす方法』

  1. 『Dドライブ』のバックアップをとる
  2. 『Dドライブ』をフォーマットする
  3. 『Dドライブ』を未割り当てにする
  4. 『未割り当て』領域を必要な分だけ『Cドライブ』にくっつける
  5. 『未割り当て』を『Dドライブ』にする

 

消えてしまうデータ

『Dドライブのデータ』

 

かかった時間

プライスです ( ー`дー´)キリッ

以上長くなりましたが、今回のまとめとなります!

皆さんもぜひ、自己責任でやってみてくださいね~w

ですが、

わからないことや、不安なことがありましたら、お問い合せからどうぞ~(^o^)

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

今回の記事が『Cドライブの容量を増やしたい』と思っている

あなたのお役に立てれば幸いです(^o^)

ほんじゃ👋

Cドライブの空き容量を増やす方法


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。