404エラーとは!HTTPステータスコードを理解する

404errorアイキャッチ

皆さまこんにちは

今日は、Googleサーチコンソール内のHTTPステータスコード

『404エラー』

の説明と、その解消方法を紹介します。

404エラーとは

「見つかりません」エラー(404)

「見つかりません」エラーとは

Google は、あるページから別のページへのリンクをたどることによってコンテンツを検出します。一般に、「見つかりません」というステータス エラー(通常は HTTP ステータス コード 404)が返されるのは、Googlebot がアクセスしようとしたページが存在しないときです。その原因は、ページが削除されたか名前が変更されたにもかかわらず古い URL が新しいページにリダイレクトされるように設定されていないこと、またはリンクにスペルミスがあることです。

引用元:Search Console ヘルプより

自分のサイトで404エラーが出ているか確認するには

サーチコンソール内のクロールエラーから見れます。

ようは、Googlebotがクロール出来なくて、404エラーが出ない場合は、次の事が考えられます。

  • URLにアクセスしたが、ページが無かった場合
  • URLが間違っていて、無いページにアクセスした
  • 意図的に削除したページ

404エラーが出た場合どうしたらいいの?

まずは、エラーとなったURLが正しいか確認しましょう。

URLでの問題解決

URLで間違いが発生している場合、サイト上で、正しいURLへ戻しましょう。

正しいURLのページが存在しなかった場合、ファイルを正しく配置しましょう。

URLでのリンクミス(リンク元が移動した)なども考えられます。

意図的に削除したページの場合

これは、正常な動作なので問題ありません。

まずは、Googleサーチコンソールで確認してみましょう!

Googleサーチコンソールの設定や詳細は、Googleサーチコンソールの教科書シリーズを参考にしてみてくださいね!

404errorアイキャッチ


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。