サイトマップを送信して、クロールしやすくする方法!Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【整理編】

サイトマップアイキャッチ

皆様こんにちは!

今日は、Googleサーチコンソールにサイトマップを送信・確認する方法を紹介したいと思います。

これは、SEO的に有効で、とても重要な事ですので、しっかりと送信しておきましょう!

サイトマップを作成する重要性!

サイトマップを作るということは、

せっかく作ったサイトをGooglebot(以下クローラー)にきちんと巡回してもらうという

大切な道しるべであります。

クローラーが迷わないように、Googleサーチコンソール内からサイトマップの通知は必ず行ってください!

Googleサーチコンソールを設置していない方へ

このページは、『Googleサーチコンソールの教科書2016年度版』としてシリーズでお伝えしております。

SEO的にも重要な、サーチコンソールへの登録や詳しい説明は下記を参考にしてみてください。

初心者にもわかりやすい内容となっておりますので、参考にしてみてください。

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【仕組み編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【呼び込み編】

さて、サイトマップの作成ですが、サイトの構成で違ってきます

  • ワードプレスで作成されている方・・・プラグインで簡単に設定できます。
  • HTMLやCSSなどで作られている方・・・xml形式で、サイトマップを作成しなければなりません。

ワードプレスで作成されている方は、

Google XML Sitemaps

というプラグインを有効化すれば、自動的に作成してくれて、Google検索エンジンへ通知してくれます。

ワードプレスのサイト作成でわからないことがあれば、なんでも相談してください!

連絡はこちらからお願いいたします。

さて、今回はHTMLやCSSでサイトを作成された方の為に

サイトのxml形式のサイトマップをGoogleサーチコンソールから検索エンジンへ通知する方法を紹介します。

イメージとしてはこんな感じです

サイトマップのイメージ

青矢印がサイトマップです。矢印が無いと、クローラーが迷ってしまいますし、ページの情報も取得してくれません

サイトのxml形式のサイトマップを作る!

まずは、自身のサイトのサイトマップを作成します。

これは便利なサイトがありますので紹介いたします。

sitemap.xml Editor

このサイトは、自動的にxml形式のサイトマップを作ってくれます。

操作方法も簡単で、自身のトップページURLを入力し、サイトマップ作成をクリックすれば作成されます。

サイトマップ作成ツール

自身のサイトURLを入力して、サイトマップ作成をクリックします。

サイトマップが作成されたら、xml形式のサイトマップをダウンロードしましょう。

サイトマップダウンロード

sitemap.xmlをクリックすればダウンロードできます。

以上で、xml形式のサイトマップの作成は終了です。

このsitemap.xmlを自身のサイト内にアップロードしておきましょう。

サイトマップをGoogleサーチコンソールから検索エンジンへ通知する方法

先ほど作ったsitemap.xmlをGoogleサーチコンソールへと通知します。

ワードプレスで、Google XML Sitemapのプラグインを使用している方も、きちんと反映されている確認できますので、ご覧ください。

※Google XML Sitemapを利用するメリットとしては、自動にGoogleサーチコンソールへ通知してくれるのでとても便利です。サイトを作るときは、ワードプレスで作成しましょう!オススメです

まずは、Googleサーチコンソールへアクセスします。

ダッシュボードから、『クロール』『サイトマップ』へと進みます。

ダッシュボードサイトマップ

ダッシュボード⇒クロール⇒サイトマップへ進みます

次に、サイトマップのページから、サイトマップの追加/テストをクリックし、URLを入力して、サイトマップを送信をクリックします。

サイトマップ通知

右上のサイトマップの追加/テストをクリックして、サイトマップのURLを入力して、サイトマップを送信をクリックしましょう

そのサイトマップがきちんと反映されるか、テストできますので、

『送信』する前に、必ずテストを行いましょう。

そこでエラーが出なければ、正しいサイトマップということです。

サイトマップテスト

サイトマップテストです。送信する前に必ず行いましょう

送信がきちんとできれば終了です。

サーチコンソールは、反映までに少し時間がかかるので、きちんとサーチコンソールを確認しておきましょう。

サイトマップの送信完了

サイトマップの送信完了後は反映までに少し時間がかかります。(保留になっています)

ワードプレスでGoogle XML Sitemapのプラグインを利用している方へ

ダッシュボードから

設定⇒XML-Sitemapをクリックします。

そうすると、Googleへの通知が正常に行われたかどうかを確認することができます。

XML-Sitemapの通知

ダッシュボードから『設定』『XML-Sitemap』から表示できます。

やっぱり、ワードプレスはこういった便利なプラグインが豊富なので、初心者の方は特にオススメです!

まとめ(サイトマップを送信して、クロールしやすくする!)

今回は、サイトマップを送信して、クロールしやすくする方法を紹介しました。

サイトマップはサイトをきちんと評価してもらうために重要なものです。

サイト内にきちんとサイトマップを設置をして、クローラーが泳ぎやすいようしておきましょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。

それではまた。

サーチコンソールの教科書シリーズはこちら

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【仕組み編】

Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【呼び込み編】

 

 

サイトマップアイキャッチ


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。