せっかく作ったそのサイト、検索エンジンに知らせてますか?Googleサーチコンソールの教科書2016年度版【設置編】

サーチコンソールアイキャッチ

皆様こんにちは!

サイト構築士のGoogleツール紹介 第1弾

企業や個人で一生懸命作ったサイトまたはホームページ。

作っただけで終わっていませんか?

今回紹介するGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)は

Googleの検索に関する情報や、作ったサイト内の状態を取得することができる、とても便利なツールです。

サイトのメンテナンスはもちろん、

検索にすごく関係しているツールですので、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジンの最適化)を目的としても使用されます。

SEOは、当然のことながら、良質なコンテンツ(読者の為になる記事)で構築しなければいけないことは忘れないでくださいねw

このツールですが、

もちろん、無料です。

今回は、そのツールにサイトを追加するところまでを詳しく解説していきます。

初心者向けに作っておりますので、今回は、Googleアカウント(Gmail)を取得するところから解説していきますので、取得済みの方は読み飛ばしていただいて結構です。

Googleサーチコンソールへ登録する、大まかな流れから。

  1. Googleアカウント(Gmail)の取得
  2. Google Search Consoleへログイン
  3. Google Search Consoleへサイトを追加する
  4. 所有者の確認

以上、ここまでが今回の流れです。

それでは、まいりましょう。

Google コンソールサーチへの登録作業

まずは、ビジネスの鉄板アカウントGoogleアカウントの取得!

これは、以下のサイトを参考に取得されてくださいw

わずか3クリックで、誰でも簡単にできる!Gmailの取得方法

Googleアカウント(Gmail)は無料で取得できて、ビジネスの応用がききやすいアカウントですので、まず第一歩として取得しておきましょう。

サイトのURL名で取得しておくのも便利だと思います。

サイトへアクセスしてログインしよう

まずは、こちらからサーチコンソール(Google Search Console)へアクセスしてください。

Google Search Console

普通に検索から『サーチコンソール』で検索されてみてもいいかもしれません。

その時は、表示の一番上にありますので、そこからアクセスしてみてください。

サーチコンソールと検索して、一番上にくるサイトへアクセスしましょう

サーチコンソールと検索して、一番上にくるサイトへアクセスしましょう

※ログイン画面になったら、Googleアカウント(Gmail)とパスワードを入れてログインしてください。

アクセスしたら、次にサイトを登録(プロパティを追加)しましょう。

サーチコンソールにサイトを追加するため、中央部分に自分のサイトアドレスを入力してサイトを追加してください

サーチコンソールにサイトを追加するため、中央部分に自分のサイトURLを入力しプロパティを追加をクリック

ここまではよろしいでしょうか?

まずは、

  1. Googleアカウントを取得し
  2. Google Search Consoleへアクセス
  3. 自分のサイトURLを入力
  4. プロパティの追加をクリック

以上です。ゆっくりやれば大丈夫ですから、あわてず行きましょう。

プロパティの追加をクリックすると所有権の確認画面へと移動します。

サイト所有権を確認するには、いくつか方法があります。

サイト所有権を確認するには、いくつか方法があります。

これは、登録したサイトとGoogleアカウントを結びつけるものです。

サイトの所有権の確認作業

次からがちょっと厄介ですので、作業別に詳しく紹介しますね。

①HTMLファイルをアップロード(Google推奨の方法)

初心者には、推奨できませんが、できるならやってみましょう!

簡単に言いますと、HTMLファイルをサーバーにアップロードして、

自分のURL / googlebd146d2a3563d992.html のページに行けるかどうか確認する方法なんですね。

これは、自分でサーバーにHTMLファイルをアップしないといけません。

簡単に説明すると、

まずは、 『この HTML 確認ファイル』という文字をクリックして、 HTMLファイル(googlebd146d2a3563d992.html)をダウンロードします。

そのHTMLファイルをサーバーへとアップロードします。

http://自身のサイトURL/googlefc8e25918df356f4.htmlへアクセスし、先ほどのHTMLが表示されればOKです。

ですが、初心者向けではないため、上のタブで別の方法を行っていきましょう。

②HTMLタグを使った方法

自身のサイトの</head>タグの直前に設置する方法です。

タグ挿入

タグの直前に挿入します。

ワードプレスの場合は

ダッシュボードから、

  1. 外観
  2. テーマの編集
  3. ヘッダー
  4. </head>タグを見つける
  5. HTMLタグを挿入して保存する
テーマ編集

ダッシュボードから外観⇒テーマ編集を選択します。

ヘッダーphp

ヘッダーphpを選択し、/headを探します

HTMLタグの挿入

</head>タグの直前に、コピーしたタグを挿入します。

以上の方法でうまくいきます。

</head>タグを探す場合、ウィンドウズのOSでしたら

Ctrl+Fを押すと検索欄が出てきますので、そこで/headと入力すると、一発でわかりますので覚えておくと便利ですよw

Ctrl+F 検索

検索したい場所で、『 Ctrl+F 』で検索欄を出して検索すると楽ですよ。

ワードプレスの場合、色々いじって、画面が真っ白になった時の対処法も紹介しておきます。

WordPressが真っ白!|カスタマイズする前に、絶対に知っておかないといけない対処法

こうなった時って、結構あせりますからねw

でも、あせらずいきましょう!

③Googleアナリティクスを使った確認方法

これが一番簡単かもしれません。

先ほどのタグ挿入の部分(</head>の直前)に、Googleアナリティクスを挿入するだけで構いません。

Googleアナリティクスにチェックを入れて、確認をクリックしましょう。

ワードプレスの場合は、プラグインのAll in One SEO Packで設定していてもかまいません。

私の場合は、All in One SEO Packで設定しています。

最後に確認をクリックして、次に移動します。

これで、サイト所有者の確認ができました。

ダッシュボードが表示されていれば、OKです!

サーチコンソールのダッシュボード

サーチコンソールのダッシュボードパネルです

サーチコンソールのホームです

サーチコンソールのホームです

 

基本的には、この3パターンで試して、できない場合は『お問い合わせ』から、連絡をください。

ここまで設定ができれば、第一段階が終了です。

確認が取れていたら、次のようなメッセージが表示されます。

確認メッセージ

確認が取れていたら、緑色でこのようなメッセージが表示されます。

サーチコンソール登録のまとめ

今日は、

  1. Googleアカウントを取得
  2. Googleサーチコンソールに登録
  3. サイトの所有者の確認

以上、3項目を解説いたしました。

この操作をやっているのといないのとでは、全然違いますので、サイトを作った後は必ずやっておきましょう!

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役に立てれば幸いです。。

それでは、続きは次回にしていきましょう。

サーチコンソールアイキャッチ


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。