3つ目のグラフが重要!クロールの統計情報からわかるサイト表示速度【Googleサーチコンソールの教科書2016年度版】

みなさまこんにちは。

突然ですが、サイトの表示速度をGoogleのクロールが収集してたって知ってますか?

Googlebotもそうですし、検索エンジンからキーワードを入力して、

いざ、目的のサイトに入ろうとすると待たされて。。

データが表示される前に、リロードボタンを押して戻りたくなりますよね?

今日は、Googleサーチコンソールの『クロールの統計情報』のグラフから

自身のサイトの表示速度を調べてみましょう!

クロールの統計情報ってどうやって見るの?

まずは、クロールの統計情報を確認してみましょう。

Googleサーチコンソールから

クロール

クロールの統計情報

へ進みます。

クロールの統計情報

Googleサーチコンソールからクロールの統計情報をクリックします。

1つ持っておくと、とても便利な『Googleアカウント(Gmail)』を取得していない方は

こちらをご覧ください。👇

わずか3クリックで、誰でも簡単にできる!Gmailの取得方法

また、Googleサーチコンソールの設定や情報を知りたい方は、

こちらの教科書をご覧ください。オススメです!

クロールの統計情報はこんなグラフです

クロールの統計情報

クロールの統計情報です

クロールの統計情報は、最近90日間の情報です。

最低でも月に一回は見るようにしましょう!

各グラフの説明

青 1日あたりのクロールされたページ

1日あたりのクロールされたページ数

1日あたりのクロールされたページ数

サイト内のクロールされたページを示しています。

グラフが上昇していれば、1日にクロールされているページ数が増えています。

このグラフが下降している時は!

Googlebotが巡回するページ数が減っていますので、

  • クロールエラーが発生していないか
  • ページのダウンロード時間が長くなっていないか
  • サーバーに異常はないか

など調べてみましょう。

赤 1日にダウンロードされるキロバイト(KB)数

赤 1日にダウンロードされるキロバイト(KB)数

1日にダウンロードされるキロバイト(KB)数

クローラーがダウンロード(読み込んだ)データ容量を示しています。

このグラフは、先ほどの青のグラフと同様に、増減します。

緑 ページのダウンロード時間(ミリ秒)これが重要!

ページのダウンロード時間(ミリ秒)

ページのダウンロード時間(ミリ秒)

Googlebotがサイトのページをダウンロードするのにかかった平均時間です。

実は、これが最も重要なグラフです。

ミリ秒とは、1/1000秒で、500ミリ秒は、0.5秒ということです。

注目するポイント

ダウンロード時間が長くなると、

Googlebotは複数のページを巡回できなくて、サイトから離脱してしまうことがあるので、

SEOでも不利になる可能性があります。

Googlebotもそうですが、

期待して訪問したサイトが、表示遅かったら、嫌になりますよね?

原因は何?

  • サーバーの不調
  • コンテンツ容量が増えている

などが考えられます。

サーバーの見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

管理人オススメのサーバーはXサーバーです。

クラウドも鋭意検討中です!費用対効果で、今度記事にしますね

やはり、クラウドならGMOでしょうか。

広告です:最新のSSDクラウドVPSを無料で試してみませんか?

サイトの表示速度を調べる方法は?

Googleサーチコンソールより

その他のリソース

PageSpeed Insights

から、PageSpeed Insightsを表示します。

PageSpeed Insights

その他のリソースからPageSpeed Insightsを選択します。

括弧内に、自身のページURLを入力し、『分析』をクリックしましょう。

モバイル、パソコンともに100点満点中、85点以上を目指しましょう!

まとめ

クロールの統計情報を定期的に閲覧し、自分のサイトの弱点を分析して、

よりよいサイト運営を目指しましょう!

今日も、最後までご覧いただきありがとうございました。

この情報が皆様のお役にたてれば幸いです。

 

 


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。