考える力がつく!小学生の日記が楽しく書ける方法!

イクメン日記2アイキャッチ

こんにちは!

小学生の子供が2人いる、ゼロイチです(@0zero1ichi

前回、

親子でできる楽しい日記の書き方

を紹介しました!

週末になると、ページを読んでくださる方が結構いらっしゃいました。

そこで、今回も同じ悩みを持つ親御さんのお力になれればと思い、

第2弾となる、

考える力がつく!小学生の日記が楽しく書ける方法!

を紹介します!

週末の楽しい休み、日記で気分を下げたくはないですよねw

 

1つのものを一緒に観察してみる

 

結論から言いますと、小学生の日記は、観察日記でも良いと思います。

考える力を育てていくのも

観察日記の醍醐味だと思います!

 

親子で、ある1つのものを観察して、それを日記にする!

 

子供にとっても、わくわくしやすく、

すっごく興味のある内容だと思います!

 

そもそも、なぜ日記の宿題が楽しくないのか?

 

時系列で書いている

小学生の日記は、読んでいると飽きます。

実際に、過去のお子さんの日記を読んでみましょう。

その日あったことはわかるかもしれませんが、

楽しくはないですよね。

確かに、日記と言われると、

日々を記す

と捉えている方が多いです。

日々を記す…

 

子供からしたら、それって作業になっちゃうんですよねw

 

学校の先生によっては、そういう風に指導していらっしゃいます。

確かにそうなんですが、

子供の発想力が育ちません!

なので日記は、その日あった出来事を書くのはやめよう!

 

起承転結で書いている!

小学生(特に低学年)に、起承転結で書きなさい!なんて言っても

わかるわけがないですw

機械的な文になるのは目に見えています。

その前に、やる気を無くします。。

ですので、まずは起承転結を忘れて、

自分の書きやすいように書いても良いじゃないですかw

確かに文章を構成するという意味では重要かもしれません!

でも、まずは日記を楽しむということが大事です。

 

子供1人でやっている

これって、すごい真面目だなぁ~って思うかもしれませんが、

日記の内容を見られたくないともとれます。

後者の場合、適当にやっている可能性が高いです。

結果的に、親があとで確認して、

 

訂正に時間がかかり、怒られますw

 

そうなると、日記が本当に嫌になります。

だから、最初のうちは親も時間を作って、

一緒にやりましょう!

 

親子でできる日記を実践してみた

 

テーマを探す

では、我が家でやってみた例を紹介します。

時系列で書きそうな、何もない日曜日。

小学3年生の息子は、日記の宿題が出ています。

そのままやれば、その日の様子を書いて終わりそうですねw

そこで、一度外を散歩してみました。

すると、庭の垣根に使われていない鳥の巣がありましたw

今回のテーマは

『鳥の巣について』ということを、

一緒に書くことにしました!

 

まずは、鳥の巣を一緒に観察してみた

鳥の巣観察

子供と一緒に、使われていない鳥の巣を観察しました

 

どんな形、どんな材質で作られていて、どこに作っているか。

ということを、質問形式で優しく投げかけていきます。

子供って発想が豊かなんで、親が考えてもいない答えが返ってくることもあります。

 

そんな時はめっちゃ褒めましょう!

 

あと観察したことを、

ストーリーとして考えられるとなおGood!

 

観察をした感想や考察をもとに、一緒に日記を書いていく

日記を書くときは、時間を作って、一緒に考えていきます。

ここで重要なのは、誰に対して書くかです。

 

例えば、鳥の巣のことを友達に知ってもらうのに、

 

どうやって説明したら、わかってもらえるか!

 

ってことを考えてもらいます。

そうすると、どんどん書くことが出てきます。

特に説明などはわかりやすく、具体的に書いていきます。

そして、終盤に感想や、考察を書いていきます。

今回の日記に書いた流れはこうです

  • テーマを決める
  • どこで何があったのか(何について)
  • くわしい説明
  • 考察や感想

最初のうちは、パターンを決めておくと良いでしょう。

 

日記を書いている手が止まった時は?

日記を一緒に書いていると、途中で詰まることがよくあります。

そんな時は、答えを言うのではなく、

ヒントを出してあげます。

そうすることで、

気づきが生まれます!

 

親という字で良いんです。

木の上に立って、見るw

見守るだけで良いんですよね~

突き放すのとは違います。

サポートしてあげれば良いんです。

これを繰り返していくと、親子で日記が楽しくなってきますからw

 

親が忘れてはいけない重要なこと

  • 怒らない!
  • 急かさない!
  • 一緒に考える!

という3つのことが重要です。

怒ってやらせたって、何も良いことありませんのでw

 

まとめ

今回は、小学生の日記の書き方第2弾として、

考える力がつく!小学生の日記が楽しく書ける方法!

を紹介しました!

日記って、苦手意識の強い子供さんが多いですが、

  • 1つのテーマについて、考える
  • その考えを、日記に書く

以上の2つを、お子さんと一緒にやっていきましょう!

この内容が、小学生のお子さんの日記で悩まれている方の

お役に立てれば幸いです。

ゼロイチ
これからも、父親の目線で情報発信していきますので、ブクマしておいてくださいね~v

親も一緒になって楽しむ!

子育てって考え方次第で、すご~く楽になりますよw

ではでは!

イクメン日記2アイキャッチ


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。