話を聞かない子供は、親の『3つの神対応』で変わってくる!【子育て一直線】

話を聞かない子供アイキャッチ

こんにちは!ゼロイチです。

いつもWordPressやSEOに関しての情報ばかりなので、

たまの息抜きで、違った方向から書いています!

 

今日は、『子育てに関して』ですw

 

突然ですが、あなたは

 

子供に対して、

いつも命令口調になってませんか?

頭ごなしに怒鳴ったりしていませんか?

 

僕も昔はそんな感じでしたw

 

上から目線

理由も聞かず、すぐ怒鳴る。。

 

子育ては厳しくしないと!って思っていました。

でも、厳しいの意味を完全に勘違いしていたんですよね。。

 

厳しくっていうのを間違えてしまうと、

 

あとで、取り返しのつかない事になってしまいますよね。

 

『あの子、普段はいい子なんですけどねぇ~。。。』

 

『厳しく躾をしていたつもりなんですが。。。』

 

 

『あぁぁ。。。』

 

ってな感じで、あとあと後悔に変わっていきます。

 

子供も、相手の顔色を見て、調子の良い人間になりやすいし、

 

親や人の話を聞かなくなります。

 

それで、また親からも一方的に怒鳴られて。。

 

ってな感じで、負のスパイラルに入ってしまいます。

 

我が家も昔はそうでした。

 

大事な学校の話や、友達とのことを聞いても、

 

話してくれない。。

 

空返事だけで、行動しない。。

 

学校からの電話が何度あったことか。。

 

色々試行錯誤して、

子供たちが話を聞けるように変わった方法を、

紹介したいと思います。

 

まずは、ゼロイチの子供たちを紹介w

長男:小学5年生

忘れん坊。 集中力が続かない。 話を聞けない。

 

次男:小学3年生

独自の世界観がある。 積極的に話さない。

 

大前提:子供たちにも主張したいことはある!

 

怒ることが悪いことではありません!

 

まずは、怒りたい気持ちをこらえて、

 

話を聞こうじゃありませんかw

 

子供たちにも色々と言いたいこと

 

主張したいことはあるんです!

 

すぐ怒鳴られる → 話せない → 話を拒否する

 

ってなるんですよね。

 

①まずは後手に回ろう!

 

先制攻撃をしてはダメです。

 

大人のこうげき力(口撃力)の前では、子供は一撃でやられてしまいます。

 

 

会心の一撃以上にw

 

なので、子供の攻撃を一度受けてから反撃しましょうw

 

といっても反撃はしませんけどw

 

重要なのは、話を聞く(口撃を受ける)ということです!

 

聞くといっても、聞き出し方が命令口調では黙ってしまいます。

 

なので、

 

ゆっくり・やんわり

聞いてみましょう。

 

②結論を急がせない!

 

大人は時間が無いと言い訳をして、急がせます。

 

ここはじっくりと待とうではないですかw

 

そうっ!

 

大人の余裕ですw

 

 

③決めつけない

 

頭ごなしに決めつけると、子供もうんざりします。

 

大人だって、会社や日常生活で決めつけられると、反発するかうんざりしますよね?

 

子供も同じですよ。

 

裏事情を知っていて、子供が嘘をついたとしても、

 

決めつけから話を始めてはダメですね。

 

子供は、言い返せません。。

 

まとめ

 

話を聞かない子供は、親の

3つの接し方で変わります!

3つとは、

  • 後手に回る
  • 結論を急がせない
  • 決めつけない

 

この3つを、親が気をつけるだけで、かなり違いますよ!

 

おまけ

日常の、子供のちょっとした変化を見逃さず、

 

褒めましょう!

Facebookみたいに

いいね!

でも良いですよ!

 

褒めることやいいね!ができなくても、変わったかな?って思うところを、

 

言葉にして言ってみるだけでも違いますよ~

 

それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!

話を聞かない子供アイキャッチ


WordPressの構築相談!1回無料

WordPressの構築って色々ありすぎて初心者の方には難しいですよね。
カスタマイズしすぎてサイトのデザインが崩れたり。
もっとひどい時は、表示されなかったり。

一人で悩まず、まずは相談してください!

解決策がきっと見つかるはず!

まずはお気軽に1回無料のスカイプ相談サービスをお使いください!




 

ABOUTこの記事をかいた人

訪問していただき、ありがとうございます。 はじめまして。 zeroichiです このブログでは、自分でわからないことがあったときの解決方法などを紹介しています。 サブタイトルにもありますように、 「 One for all ! 」 この記載が誰かの救いになれれば幸いです。 また、PCやWordpressの設定などでわからないことがあれば、気軽にメールやコメントください。 1人で悩むより、誰かと探せばいい方法が見つかりやすくなりますから。